トップへ戻る
ニチイ留学デスク
0120115589
留学相談
資料請求
お問合わせ
SELCカナダ ワーホリスペシャルコース
~休学制度を有効活用~
英語学習+仕事体験で帰国後に活かせる
本格的な英語を身につける!!

SELCカナダで人気が高い「ワーホリスペシャル」プログラムは、限られた英語力でも英語を使った仕事にチャレンジすることで、実践的な英語力をアップさせることができるプランや、中上級以上の英語力レベルがある場合は、英語のほかに専門スキルもアップできるプランなど、他では経験できない感動のワーキングホリデー体験を通して、人として成長できる絶好のチャンスを提供しています。

ワーキングホリデーで渡航したのに、仕事探しに苦戦して見つかるまでに時間がかかった、日本語を使う仕事しか見つからなかったという意見は多く、決して珍しいことではありません。1年間という貴重なワーキングホリデーの滞在期間を充実に過ごすためにも、「SELCカナダ ワーホリスペシャル」はオススメです。

このプログラムでは、英語学習のほか、履歴書のチェックや面接対策、就職実現のための就労準備トレーニング(ジョブトレ)、100%保証の就業先手配サービスの提供まで、留学生のことを考えた手厚いサポートを行っているので、安心です。

「SELCカナダ・ワーホリスペシャル」プログラム3つのポイント
point1
業界最高峰の就労準備
トレーニング/サポート

業界を代表するスペシャリストによる就職トレーニングが受けられます。効果的な就活を実現するための自己分析や目標設定、履歴書の添削、面接対策など、トータル的にサポートします。

point2
100%の就業保証、
就業先の紹介

就業先の手配を100%保証、提携先企業数は200社以上。飲食店から旅行会社、専門職種まで、それぞれの英語力レベルやスキルに応じて選択可能。校内で、定期的に企業説明会や面接も実施しています。

point3
低予算での
長期留学が実現

語学学校修了後、現地で稼いだ給与を留学費用に充てられるので、自己資金約100万円でも留学可能。なかには収入が出費を上回り、最終的にはプラスで貯金できた!というワーホリ事例もあります。

「SELCカナダ・ワーホリスペシャル」プログラム 詳細内容と留学事例
留学プラン
費用の目安
選べる仕事
体験談

SELCカナダのワーキングホリデー留学プラン、英語+仕事

英語コースの期間や仕事内容は、英語力レベルによって異なります。

「SELC」で英語学習
+
選べる仕事

語学学校「SELCカナダ」について

  • 学校は、世界的に人気の観光都市バンクーバーに位置
  • 学校内では、日本語禁止という厳しいルールがある
  • 一般英語のほか、ビジネスや資格試験対策、ホスピタリティなどの幅広い科目の選択ができる
  • グローバル人材としてのスキルを学べる日本人向け無料ワークショップ「グローバル塾」では、日本人が苦手な自己アピール方法やクリティカルシンキングなどを学び、自己の成長を目指せる
  • 併設のビジネス専門学校「SELCキャリアカレッジ」では、ビジネススキルやホスピタリティプログラムなど、より専門性が高い分野を学べる
語学学校SELCカナダ イメージ

語学学校SELCカナダについて

SELCカナダのグローバル塾

[Instagram]SELCのグローバル塾

SELCカナダのInstagram

ワーキングホリデー 費用の目安

現在の英語力や予算により自由に期間を選ぶことができます。

語学学校修了後は仕事の収入で生活費を補います。

初期費用+語学学校費用(授業料・滞在費他)+仕事中の生活費(滞在費・食費他) 初期費用+語学学校費用(授業料・滞在費他)+仕事中の生活費(滞在費・食費他)
アイコン1

初期費用

  • ・航空運賃:100,000円〜
  • ・留学サポート費:80,000円(税別)
  • ・海外旅行保険:250,000円〜(1年間)
  • ・ビザ関連費用約:65,000円
アイコン2

語学学校「SELCカナダ」
費用の目安
(授業料・滞在費他)

期間
費用
4週間
430,000円
8週間
641,300円
12週間
841,800円
16週間
1,034,800円
20週間
1,266,800円
24週間
1,496,800円

※ビジネス専門学校「SELCキャリアカレッジ」の費用は、お問合わせください。

アイコン3

仕事中の滞在費の目安
(滞在費・食費他)

期間
費用
4週間
100,000円
8週間
200,000円
12週間
300,000円
16週間
400,000円
20週間
500,000円
24週間
600,000円
「SELCカナダ・ワーホリスペシャル」について今すぐ聞いてみる
資料請求 イメージ

電話で聞く
0120-115-589

「ワーホリスペシャル」に関する資料を取り寄せる

ワーキングホリデー 選べる仕事

語学学校「SELCカナダ」や、併設するビジネス専門学校「SELCキャリアカレッジ」では、英語力をつけた後、英語を使った仕事にチャレンジすることで、実践的な英語力がアップできます。また、このような実務経験は、就職活動にもアピールできるでしょう。

ベーシック
プラン
ベーシックプラン
就労先:市内飲食店、郊外ホテル等
  • バンクーバー市内の飲食店(サーバー、バリスタ等)
  • 小売店(キャッシャー等)
  • 日本人が少ない郊外の有名リゾートホテル
    (ハウスキーピングやキッチン等)
サクセス
プラン
一番人気!
サクセスプラン
就労先:大手ブランド企業
  • YVR国際空港免税店
  • 大手家電量販店
  • 旅行代理店 など
※英語力条件:SELCレベル中級以上
プロフェッショナル
プラン
プロフェッショナルプラン
就労先:就労経験を活かした専門職種
  • インテリアコーディネーター
  • マーケティング
  • プログラミング など
※英語力条件:SELCレベル中上級以上
※スキル条件:就業先業界での2年以上の実務経験
アイコン5
「インプット&アウトプット型」留学ができる
SELCカナダ・ワーホリスペシャルコースで英語力を高める
インプット 語学学校で英語を学ぶ アウトプット 仕事で英語を使う
→
英語力UP

ワーキングホリデー 体験談

「SELCカナダ・ワーホリスペシャル」プログラムで留学して、自己資金約100万円で英語学習+現地仕事体験により英語力をアップし、就職につなげた留学生の体験談をご紹介します。

休学で
「インプット&アウトプット型
ワーキングホリデー体験①」
ー 清水 匠さん
自己資金
約100万円
仕事体験
リゾートホテル
TOEIC®
550点➡885点
自己資金
大学に復学➡
現在大手広告代理店で
外資系企業の営業を担当
清水 匠さん

僕の場合は、日本の大学を休学してカナダに留学しました。語学学校のSELCカナダで4ヶ月学び、その間に、趣味をいかして地元の人と交流する「ミニプロジェクト」に参加。週4回、地元中学生の野球コーチをするボランティアを体験し、多くの人とつながりを築きました。その後、予定を延長してワーキングホリデーのプログラムに6ヶ月間参加。リゾートホテルのキッチンで半年間調理補助を担当として働き、その収入の150万円をその後の留学費用に充てました。SELCカナダに戻って1カ月間、SELC学内のオフィスワークのインターンシップも体験。ワーキングホリデーの仕事と違い、こちらは無給ですが、会議に出席させてもらい、議事録を作ったり、時には意見を求められたり。英語での電話応対やビジネスメールの書き方もここで学びました。 大学卒業後には、大手広告代理店に入社しました。配属は希望がかなって外資系企業の営業を担当しています。

清水さんの留学ステップ
(留学期間:12ヶ月)
インプット 語学学校 初級英語コース(4ヶ月)アウトプット ボランティア 地元野球チーム(週4回)アウトプット 仕事体験 リゾートホテル(6ヶ月)インプット 語学学校 上級英語コース(1ヶ月)アウトプット インターンシップ 現地オフィス(2週間)帰国後 TOEIC550点→800点 インプット 語学学校 初級英語コース(4ヶ月)アウトプット ボランティア 地元野球チーム(週4回)アウトプット 仕事体験 リゾートホテル(6ヶ月)インプット 語学学校 上級英語コース(1ヶ月)アウトプット インターンシップ 現地オフィス(2週間)帰国後 TOEIC550点→800点
休学で
「インプット&アウトプット型
ワーキングホリデー体験②」
ー 多田 茜さん
自己資金
約100万円
仕事体験
郊外のホテル
TOEIC®
650点➡800点
自己資金
大学に復学
➡現在国際物流に携わる
会社に勤務
多田 茜さん

私がワーキングホリデーを選んだのは、語学学校で英語を勉強するだけではなく、働く経験もしたいと思ったから。まず、最初の4ヶ月間はバンクーバーで英語を勉強。終了後は、エドモントンのホテルのキッチンで5ヶ月間働くことになりました。日本人はほとんどいませんでしたが、英語環境で仕事が出来たことはとても良かったと思います。分からないこともたくさんありましたが、困ったときに上司に質問すると、何回でも理解するまで教えてくれました。キッチンの責任者に叱られたこともありますが、自分の言い分は、きちんと伝えるように心がけました。ワーキングホリデーを終えて、さらに2ヶ月間、語学学校で英語を学び帰国しました。TOEIC®のスコアは留学前は650点でしたが、帰国するころには150点伸びて800点に届きました。就職活動では、ただ「留学しました」というだけだと、やはり足りないのかなと思い、自分からボランティアに応募した話や、複数の業務をこなした話、仕事と生活を両立させた体験などもアピールしています。

多田さんの留学ステップ
(留学期間:12ヶ月)
インプット 語学学校 一般英語コース (4ヶ月)アウトプット 仕事体験 郊外のホテル(5ヶ月)インプット 語学学校 一般英語コース(2ヶ月)帰国後 TOEIC650点→800点
その他の
「SELCカナダ・ワーホリスペシャル」
の体験談を見る
ハンバーガーショップで就労体験 伊藤滉さん
ロッキー山脈のホテルで就労 田中志穂さん
日本人の少ない地域で働けるのが魅力 杉本咲絵さん
日本人のいない環境で英語力を改善させる Iba Seiyaさん
「SELCカナダ・ワーホリスペシャル」について今すぐ聞いてみる
資料請求 イメージ

電話で聞く
0120-115-589

「ワーホリスペシャル」に関する資料を取り寄せる
ワーキングホリデー基礎知識
ワーキングホリデー制度とは・・・

ワーキングホリデーは、両国の文化などの相互理解を目的として、日本と協定を結んだ国へ就学や就労、観光、長期滞在などを可能にする18歳から30歳の若者を対象にした制度。さまざまな体験ができる自由度から、まさに「黄金のビザ」!年齢制限もあることから、若者限定の特権にて、ぜひこの権利は使いたいもの。
カナダやオーストラリアをはじめとした、12ヵ国で実施されています。

カナダのワーキングホリデー制度

年齢:18歳~30歳
就学期間:最長6ヵ月まで
滞在期間:1年間
必要条件:最低2,500カナダドルの資金の証明、海外保険の加入、250カナダドル相当のプログラム参加費+100カナダドルのワークビザ申請料の支払いが可能なこと

ワーキングホリデーで身につく、就職に役立つスキル

スキル①インプット&アウトプットで
使える英語が身につく

英語学校で学んだ英語(インプット)を、仕事を通じて使える英語(アウトプット)として活かすことは、同時に英語を学ぶ目的となるため、相乗効果が見込まれると言われています。また、就労前に日本や渡航先の英語学校で英語力を出来るだけ身につけることで、スキルや給与もアップします。

スキル➁企業が求めるスキルが身につく

ワーキングホリデーによって身につけられるスキル「自ら考え行動」「コミュニケーション能力」「新しい発想、柔軟な発想」「チャレンジ精神」などは、企業が求める能力・資質と合致していることが分かっています。
多くのワーキングホリデー体験者が、留学によって自信を持ち、就職や転職の面接の際、ワーキングホリデーの体験やそれによって得たもの・考えをアピールできています。

ワーキングホリデーを成功させる4つのポイント

ポイント1留学や就学は、目的ではなく「手段」

留学して英語力やスキルを高めることは、留学の先にある目的・目標を達成するための手段。ワーキングホリデーの体験を、将来にどう繋げていくかが重要です。

ポイント2就労前に中級以上の英語力を目指す

英語力レベルが高くなくても現地で仕事に就くことはできますが、英語力レベルが高い方が、より仕事の選択肢が広がり、給与アップにつながります。

ポイント3ローカル企業で働き、英語力をつける

「使える英語を身につける」ためには、現地の日本人向けレストランよりも、ネイティブの人と一緒に働けるローカル(現地)企業での就労チャレンジをオススメします。

ポイント4就労前の最適なプログラム選び

就労前に語学学校で英語を学ぶ場合、就きたい仕事を考慮して、英語+仕事のスキルが学べる「実践的な英語力をアップさせる」プログラムを選択することで、就学~就労まで、より高い成果が見込めます。